2007年09月22日

ミシシッピー・バーニング Mississippi Burning

 理想に燃えるエリート捜査官のW・デフォーと、現実主義の叩き上げ捜査官のG・ハックマンの対照的な人物のぶつりかりあいと、やがてその理想に影響を受け、彼に実践的な捜査方法を教えて彼の理想を
実現させようとするストーリー展開にのめり込んでしまった。
もちろん主題であるアメリカ社会の根の深い差別があることを知らされたと同時に、形は変われど
どこの社会、当然に日本にも様々な形での差別があるのを感じた。人種、信条、思想、階層、社会的地位、出身、性別...etc
人を差別することで自分を優位に立たせようとしてたり、不満の解消につなげることが共通した根底に
ある原因ではないかなと思う。
アメリカ社会だけの差別の映画とたえずに自分の周りに存在する様々な差別と置き換えて、この映画を
受け止めたい。
この世から差別がなくなればいいですね。

■データ■
1988年(米)  上映:2時間6分
監督: アラン・パーカー
脚本: クリス・ジェロルモ
出演: ジーン・ハックマン/ウィレム・デフォー/フランシス・マクドーマンド/ブラッド・ダーリフ/他

アカデミー賞 1部門受賞 撮影賞

DVD 史劇のベストセラー




DVD 洋画のベストセラー


YouTube 面白動画&画像 映画&音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。