2013年10月31日

映画音楽 史上最大の作戦

『史上最大の作戦』(The Longest Day)は、1962年のアメリカ映画。モノクロ。
コーネリアス・ライアンによるノンフィクション「The Longest Day」(邦題:「史上最大の作戦」)を元に映画化された。
第二次世界大戦における連合国軍のノルマンディー上陸作戦(作戦名は「オーバーロード」)を取り扱った戦争映画。アメリカからジョン・ウェインやヘンリー・フォンダらが参加した他、英仏独からも豪華キャストを迎え、40億円以上の巨費を投じた、当時としては「史上最大の」映画。
スタンダードナンバーとなった主題歌は出演者でもあるエンターテイナー、ポール・アンカ(Paul Anka)が担当した。










映画音楽 スカーフェイス

『スカーフェイス』(原題:Scarface)は、1983年のアメリカ映画。監督はブライアン・デ・パルマ。1932年のギャング映画『暗黒街の顔役』(こちらも原題は Scarface)をオリバー・ストーンが脚色した。主演はアル・パチーノ。
キューバからアメリカにやってきたボートピープルの青年トニー・モンタナが、コカインの密売でのし上がり、自滅していく様子を描いたピカレスクロマン。
公開当時は決して評論家などからの評価は高くなかったが、その後時間の経過と共に主にマフィア映画のカルト的な傑作としての評価が確立し、特に黒人の若者たちの間では熱狂的に支持されるようになった。今では都市部のギャングのライフスタイルのバイブルとしてこの作品と主人公のトニー・モンタナは映画を超えた文化的なアイコンとなっている。
またそうした社会的な影響の中でも特にヒップホップ音楽に於いてはこの作品のイメージはアイコンとして何度も引用され、ギャングスタ・ラップのアーティストたちのファッションや歌詞のスタイルに大きな影響を与えている。


主題歌 Paul Engemann ー Scarface (Push It To The Limit)












映画音楽 シェーン

『シェーン』(Shane)は、1953年、パラマウント映画製作のアメリカの西部劇映画。カラー。原作は1949年に書かれたジャック・シェーファーの小説。
1953年のアカデミー作品賞、監督賞、脚色賞ノミネート、撮影賞(カラー部門)を受賞。また、助演男優賞にブランドン・デ・ワイルドとジャック・パランスがノミネートされた。
おそらく、西部劇史上、十指に数える事に異論はないであろう傑作。

「遥かなる山の呼び声」 演奏:ビクター・ヤング














2013年10月30日

映画音楽 ソウ

『ソウ』(原題:SAW)は、2004年に公開されたアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。
ソウシリーズの1作目。
タイトルの「ソウ」(SAW)は、「(名)のこぎり(例:チェーンソー=チェーン(鎖)ソー(のこぎり((鋸))のソー」と「(動)見る(see)の過去形」、そして劇中謎を投げかける犯人の名前、ジグソウ(Jigsaw)の3つの掛詞になっている。さらに、主人公の職業である外科医を意味する語(sawbones)や立場逆転のこと(seesaw)も示している。こちらの2つは、公式サイトにある壁紙にも表記されている。なお、SAWの発音は「ソウ[sou]」ではなく「ソー[sɔː]」である。
サンダンス映画祭において2004年1月に上映され、低予算ながら視聴者の意表をついて翻弄する技巧的なストーリー展開で好評を博した。

チャーリー・クロウザー 作曲















映画音楽 サイダーハウス・ルール

『サイダーハウス・ルール』(The Cider House Rules)は、1999年製作のアメリカ映画。
原作はジョン・アーヴィングの同名小説『サイダーハウス・ルール』。
ジョン・アーヴィング自身が脚本を書き、さらに駅員として出演もしている。
2000年にアカデミー助演男優賞とアカ孤児院で生まれた少年が外の世界に触れ成長していく姿を感動的に描いた、ラッセ・ハルストレム監督による人間ドラマ。
デミー脚色賞した。

作曲 レイチェル・ポートマン











映画音楽 卒業白書

『卒業白書』(原題: Risky Business)は、1983年製作のアメリカ映画である。
ポール・ブリックマン監督・脚本の青春映画。
シカゴの高校3年生のジョエルが、両親不在の間に巻き起こす騒動を描いている。
トム・クルーズの出世作となった。彼がワイシャツにブリーフ姿で踊るシーンは有名。












映画音楽 知りすぎていた男

『知りすぎていた男』(原題:The Man Who Knew Too Much)は、アルフレッド・ヒッチコック監督による1955年製作、1956年に公開されたアメリカ合衆国のサスペンス映画。
テクニカラー、ビスタビジョン作品。イギリス時代、1934年制作の『暗殺者の家』(原題同じ)のリメイク。
米国人マッケナ医師役ジェームズ・ステュアート主演、同夫人役ドリス・デイ。

ドリス・デイの歌う歌、『ケ・セラ・セラ』は余りにも有名で、1956年のアカデミー歌曲賞を受賞した












映画音楽 酒とバラの日々

ヘンリー・マンシーニ (Henry Mancini) 作曲の楽曲。
同名の1962年封切りの映画『酒とバラの日々』の映画音楽"Days of Wine and Roses"である。
映画のほうは、徐々に酒におぼれる新婚夫婦の物語である。1962年度アカデミー歌曲賞に選ばれている。また、グラミー賞では最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀編曲賞を受賞した。
ジョニー・マーサー(Johnney Mercer)の歌詞がつけられている。歌詞は、二つの文章で構成されている。
1963年のアンディ・ウィリアムスのレコード録音が、かなりヒットした。この曲の名前を冠したウィリアムスのアルバムが、ビルボード誌で、LP売り上げ第一位に記録されている。
ジャズのスタンダード・ナンバーとしても知られ、広く演奏されている。オスカー・ピーターソン・トリオのパーフォーマンスが有名である。








映画音楽 白雪姫 

『白雪姫』(しらゆきひめ、原題:Snow White and the Seven Dwarfs)は、1937年のアメリカ映画で、世界初の長編アニメーション映画。監督はデイヴィッド・ハンド。
原題は直訳すると「白雪姫と7人の小人達」という意味になる。
グリム兄弟による童話『白雪姫』を原作とする。

ディズニーの長編映画第1作目であり、世界初のカラー長編アニメーション映画。
1937年12月21日公開。日本での公開は1950年9月26日。

主題歌 いつか王子さまが (Some Day My Prince Will Come)









2013年10月29日

映画音楽 ストリート・オブ・ファイヤー

『ストリート・オブ・ファイヤー』(Streets of Fire)は、1984年製作のアメリカ合衆国の映画。
西部劇の形式を踏襲したロック映画。
人が一人も死なないという珍しいアクション映画である。
その年度の『キネマ旬報』で、読者による選出でベストワンに選ばれた。


エレンが劇中で唄っていた「今夜は青春(Tonight Is What It Means to Be Young)」は、
「今夜はANGEL」のタイトルで椎名恵によってカバーされ、1985年放映のフジテレビ系大映テレビドラマ『ヤヌスの鏡』の主題歌として日本でも大ヒットした。

挿入歌 歌ファイヤー・インク 
曲名 「今夜は青春(Tonight Is What It Means to Be Young)」








広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。