2013年10月31日

映画音楽 007 スカイフォール

『007 スカイフォール』(原題:Skyfall)は、イーオン・プロダクションズ製作による映画『007』シリーズの23作目。
監督はサム・メンデス、ジェームズ・ボンド役は3度目となるダニエル・クレイグである。
また、「M」役は7度目となるジュディ・デンチである。
デンチによるMは7作目であり、今作のラストでMが殉職する為、デンチ最後のMとなる

作曲家には、前作までのデヴィッド・アーノルドに代わり、これまでサム・メンデス作品を手がけてきたトーマス・ニューマンが起用された

主題歌 「スカイフォール」 アデル










映画音楽 ディア・ハンター

『ディア・ハンター』(The Deer Hunter)は、1978年公開のアメリカ映画。製作はユニバーサル映画、監督はマイケル・チミノ。脚本はデリック・ウォッシュバーン。主演はロバート・デ・ニーロ。
1960年代末期におけるベトナム戦争での過酷な体験が原因で心身共に深く傷を負った若き3人のベトナム帰還兵の生と死、そして3人とその仲間たちの友情を描いている。
第51回アカデミー賞並びに第44回ニューヨーク映画批評家協会賞作品賞受賞作品。
前半の結婚式と披露宴で、ロシア正教会聖歌「スラーヴァ」、ロシア民謡「コロブチカ」、「カチューシャ」などが流れる。

テーマ音楽はスタンリー・マイヤーズ作曲の「カヴァティーナ」で、ギターはジョン・ウィリアムズによる。副テーマソングとして、フランキー・ヴァリ(Frankie Valli)が歌う「君の瞳に恋してる」が3回程歌われる。同曲は映画の時代設定に近い1967年にヒットした曲でもある。




















映画音楽 大脱走

『大脱走』(だいだっそう、原題: The Great Escape)は、1963年に公開されたアメリカ映画。
第二次大戦中、ドイツの第3捕虜収容所に収容された連合軍将校たちが大脱走を敢行した史実を基にした脱走劇。スティーブ・マックィーンやジェームズ・ガーナーなど、数々の名優たちによる演技合戦が見もの。
第36回アカデミー賞では編集賞にノミネートされた。

メインテーマ エルマー・バーンスタイン作曲 『大脱走マーチ』(The Great Escape March)














2013年10月30日

映画音楽 タクシードライバー

『タクシードライバー』(原題: Taxi Driver)は、1976年公開のアメリカ映画。
制作会社はコロムビア映画。監督はマーティン・スコセッシ。
脚本はポール・シュレイダー。主演はロバート・デ・ニーロ。
第26回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品。
大都会ニューヨークを舞台に夜の街をただ当てもなく走り続ける元海兵隊のタクシー運転手が、腐敗しきった現代社会に対する怒りや虚しさ、逃れられない孤独感から徐々に精神を病み、ついには自分の存在を世間に知らしめるため過激な行動に走る姿を描く。
1960年代後半から1970年代中頃にかけて隆盛を極めたアメリカン・ニューシネマの最後期にして代表的な作品とされている。

音楽 バーナード・ハーマン












映画音楽 ドライヴ

『ドライヴ』(Drive)は、ジェイムズ・サリスの小説、及びそれを原作とした2011年公開のアメリカ映画。
日本にニコラス・ウィンディング・レフンの名を知らしめた映画であり、この映画のヒットをきっかけにレフンの過去作が相次いで劇場公開・ソフト化された。
カンヌ国際映画祭 監督賞 。

クリフ・マルティネス作曲















映画音楽 地獄の黙示録

『地獄の黙示録』(じごくのもくしろく、原題: Apocalypse Now)は、1979年製作のアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラによる戦争映画。
ジョゼフ・コンラッドの小説『闇の奥』を原作に、物語の舞台をベトナム戦争に移して翻案した叙事詩的映画(エピックフィルム)。
1979年度のアカデミー賞で作品賞を含む8部門でノミネートされ、そのうち撮影賞と音響賞を受賞した。それ以外にもゴールデングローブ賞の監督賞と助演男優賞、全米映画批評家協会賞の助演男優賞、英国アカデミー賞の監督賞と助演男優賞などを受賞。

ドアーズの「ジ・エンド」






ワーグナーの『ワルキューレの騎行』














映画音楽 ドゥ・ザ・ライト・シング

『ドゥ・ザ・ライト・シング』(原題: Do the right thing)は、1989年にスパイク・リーが監督・製作・脚本・主演をして公開されたアメリカ映画である。
ブルックリンを舞台に人種差別と対立を扱っている。
第44代アメリカ合衆国大統領バラク・オバマが妻のミシェル・オバマと初めてのデートで観に行った映画が本作である。
ニューズウィーク誌は、「一生に一度は観る価値のある映画ではあるが、デートで観るような内容の映画ではない」と評している。

歌 Public Enemy  曲名Fight The Power











2012年02月03日

映画音楽 ティファニーで朝食を

トルーマン・カポーティの原作を映画化した都会劇。
監督に当たったのは「ペティコート作戦」のブレイク・エドワーズ。脚色担当はジョージ・アクセルロッド。撮影を受け持っているのはフランツ・プラナー。
音楽をヘンリー・マンシーニが担当している。
出演するのはオードリー・ヘップバーン、ジョージ・ペパード、パトリシア・ニールなど。製作はマーティン・ジュローとリチャード・シェファード。

ヘプバーンが歌った挿入歌『ムーン・リバー』






2012年02月02日

映画音楽 太陽がいっぱい

1960年のフランスとイタリアの合作映画。
主演:アラン・ドロン、監督:ルネ・クレマン。パトリシア・ハイスミスの小説「才人リプレイ君」(原題。邦訳本の題名は『太陽がいっぱい』、『リプリー』)を原作とした、ピカレスク・サスペンス。






2012年01月30日

映画音楽 007/ロシアより愛をこめて

オリエント急行で繰り広げられる、R・ショウ演じるロシアの殺し屋との戦いや、ヘリやボートを駆使した機動的なアクション・シーン、ボンドガール歴代No.1の呼び声も高いD・ビアンキの魅力などなど、エンタテインメントの要素がフルにつまった、これぞ007の代表的傑作。
マット・モンローの歌う主題歌も大ヒットとなった。






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。