2013年10月31日

映画音楽 2001年宇宙の旅

『2001年宇宙の旅』(にせんいちねん うちゅうのたび, 英:2001: A Space Odyssey)は、アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリックがアイデアを出しあってまとめたストーリーに基いて製作されたSF映画およびSF小説である。
映画版はキューブリックが監督・脚本し、1968年4月6日にアメリカで初公開された。

使用された音楽
上映前の「入場曲」および休憩時の「間奏曲」(リヴァイヴァルでは黒味のまま映写)にはジェルジ・リゲティの《アトモスフェール》。
メイン・タイトルにはリヒャルト・シュトラウスの交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》の導入部。
ヒトザルたちがモノリスに遭遇する場面でのリゲティの《レクイエム》。
ヒトザルが骨を武器にすることに目覚めるシーンでは、再びリヒャルト・シュトラウスの《ツァラトゥストラはかく語りき》導入部。
アリエス1B型が月へ向かう場面でのヨハン・シュトラウス2世の円舞曲《美しく青きドナウ》。
月面をムーンバスが低空飛行する場面でのリゲティの《ルクス・エテルナ(永遠の光を)》。
フロイド博士らが発掘されたモノリスを見る場面では、再びリゲティの《レクイエム》。
ディスカバリー号が木星に向かう途上でのアラム・ハチャトゥリアンの《ガヤネー(ガイーヌ)》からアダージョ。
HAL9000が乗員の会話を読唇したところで休憩に入り、リゲティの《アトモスフェール》が再び流れる。
記憶がかすれつつあるHAL9000が歌「Daisy Bell」(作曲:Harry Dacre、1892年)を歌う(1961年にIBM社のチームが電子計算機による合成歌唱を世界で始めて実演したときの曲がDaisy Bellであったことにちなむ)。
木星に近い空間をモノリスが浮遊している場面では、再三、リゲティの《レクイエム》。
木星空間からのめくるめく異次元への突入にはリゲティの《アトモスフェール》や《ヴォルーミナ》など。
ボウマン船長が到着した白い部屋ではリゲティの《アヴァンテュール》など。
ラストのスターチャイルドが地球を見下ろす場面では、再三、リヒャルト・シュトラウスの《ツァラトゥストラはかく語りき》導入部。
エンド・クレジットおよびその後の「退場曲」にはヨハン・シュトラウス2世の《美しく青きドナウ》。


《ツァラトゥストラはかく語りき》の演奏はヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ウィーン・フィルのデッカ録音











2013年10月30日

映画音楽 南部の唄

『南部の唄』(なんぶのうた、原題: Song of the South)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)により制作された実写とアニメーションからなる1946年11月12日公開の長編映画作品である。
日本では1951年10月19日に公開された。
1947年度のアカデミー賞では、「ジッパ・ディー・ドゥー・ダー(Zip-A-Dee-Doo-Dah)」がアカデミー歌曲賞を、リーマスおじさんを演じたジェームズ・バスケット(James Baskett)が特別賞を受賞している。










2012年02月03日

映画音楽 人間の証明

「犬神家の一族」に次ぐ角川春樹事務所製作第二弾。
舞台を日本とアメリカに据え、戦後三十年という歳月の流れをつつむさまざまな人間の生きざまを描く。
脚本は一般公募で選ばれた「ふたりのイーダ」の松山善三、監督は「新幹線大爆破」の佐藤純彌、撮影は「悶絶!! どんでん返し」の姫田真佐久がそれぞれ担当。
主題歌 ジョー山中『人間の証明のテーマ』








2010年06月05日

映画音楽 ネバーエンディング・ストーリー

主題歌:リマール(Limahl)
『The Neverending Story』(邦題:『ネバーエンディング・ストーリーのテーマ』)
音楽:ジョルジオ・モロダー、クラウス・ドルディンガー、ロバート・ハザウェイ
監督:ウォルフガング・ペーターゼン

バスチアン:バレット・オリバー
アトレーユ:ノア・ハザウェイ
幼ごころの君(女王):タミー・ストロナッハ

 「U・ボート」のW・ペーターゼン監督が多額の製作費をかけ、ミヒャエル・エンデの原作を映画化したファンタジー大作。いじめられっ子の少年バスチアンが古本屋で手にした一冊の本。それは空想の国を舞台にした冒険物語だったが、いつしか不思議な力に導かれバスチアンは本の中の世界に入っていった……。





2010年04月11日

映画音楽 南極物語

作曲 ヴァンゲリス

炎のランナーと同様にシンプルで美しく、しかも力強さを感じる曲。
南極の大地の壮大さと、澄み切った空気、冷たい海や風邪をよく表現していると思う。






2010年03月22日

映画音楽 ニュー・シネマ・パラダイス

エンニオ・モリコーネ作曲
メインテーマ  Cinema Paradiso

さすが巨匠エンニオ・モリコーネの作品。
初めて聴いた時でも、何故かとても懐かしい感情を抱かせる曲である。
イタリア人の作曲家は、琴線に響く曲を作るのがどうしてこうもうまいのだろう!?







映画音楽 ネバーランド

ヤン・A・P・カチュマレク作曲
メインテーマ
アカデミー作曲賞





映画音楽 ニューヨーク・ニューヨーク

ライザ・ミネリが歌った「ニューヨーク・ニューヨーク」が大ヒットし、ミネリの友人のフランク・シナトラが歌いこちらも大ヒットとなった。






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。