2013年10月31日

映画音楽 プリティ・ウーマン

『プリティ・ウーマン』(原題: Pretty Woman)は、1990年公開のアメリカ映画である。リチャード・ギアとジュリア・ロバーツが主演するロマンティック・コメディ。

ゲイリー・マーシャル監督。また、ロイ・オービソンの「オー・プリティ・ウーマン」が主題歌に起用され、リバイバルヒットとなった。『マイ・フェア・レディ』を下敷きにした、現代版ストーリーである。

1990年度全米興行収入第1位。ロバーツは、この作品でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。

実業家とコールガールが出会い、次第に惹かれ合う姿を描いたアメリカ的シンデレラストーリー。










映画音楽 バック・トゥ・ザ・フューチャー

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(Back to the Future)は、1985年のアメリカ映画。
SF映画。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの一作目。
公開当時全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットした。
同年のアカデミー賞では音響効果賞を受賞。
続編に『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(1989年)、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』(1990年)がある。

主題歌『The Power of Love』を歌うヒューイ・ルイスが、序盤のオーディションのシーンで拡声器を持って「もういい、音が大きすぎる」と言う審査員役でカメオ出演している(ただしノンクレジット)。ヒューイは、「こんな姿がMTVに晒されたら僕はおしまいだ。映画に出て以来、落ちぶれたって言われるよ」とジョークを飛ばした。
なおこのときの「音が大きすぎる」は、ヒューイ自身がウィー・アー・ザ・ワールドのレコーディング時にプロデューサーに「声が大きすぎる」と注意を受けているメイキングビデオからのパロディである。


主題歌:ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース「パワー・オブ・ラヴ」












映画音楽 ブルース・ブラザース

『ブルース・ブラザース』(The Blues Brothers)は、1980年にジョン・ランディスが監督したアメリカ映画。アメリカ合衆国のコメディアンであるジョン・ベルーシとダン・エイクロイドが主演で、彼らをフロントメンバーとするR&B/ブルースの音楽バンドとしても活動している。
映画の続編に『ブルース・ブラザース2000』(1998年)がある。

EVERYBODY NEEDS SOMEBODY (The Blues Brothers Band)











2013年10月30日

映画音楽 バタフライ・エフェクト

『バタフライ・エフェクト』(The Butterfly Effect)は、2004年に公開されたアメリカ映画。
日本では2005年5月に公開された。
カオス理論の一つ、バタフライ効果をテーマに製作された。
斬新で衝撃的なアイディア、練り込まれた脚本が受け、本国アメリカで初登場1位を記録した。
2006年には続編『バタフライ・エフェクト2』、2009年には『バタフライ・エフェクト3/最後の選択』が公開された。

主題歌  オアシス "Stop Crying Your Heart Out"













映画音楽 ポーギーとベス

『ポーギーとベス』(あるいは『ポギーとベス』、Porgy and Bess)は、アメリカの作曲家ジョージ・ガーシュウィンが死の2年前にあたる1935年に作曲した3幕9場からなるオペラである。
様式から言うとミュージカルの先駆者的な存在である。
1920年代初頭の南部の町に住む貧しいアフリカ系アメリカ人の生活を描いており、ジャズや黒人音楽のイディオムを用いて作曲されている。

ルイ・アームストロングとエラ・フィッツジェラルドのアルバム「ポギーとベス」(発売時のタイトル。「ポーギーとベス」でない)は、15曲を抜粋したもので、ジャズアレンジ作品としては最も古いものである。
翌1958年にはマイルス・デイヴィス、ギル・エヴァンス・オーケストラによる13曲からなるアルバムが発表された。その後も多くのジャズミュージシャンが「ポーギーとベス」をテーマとして演奏し、「サマータイム」はもはやジャズのスタンダードナンバーのように扱われている。










映画音楽 暴力教室

『暴力教室』(ぼうりょくきょうしつ、Blackboard Jungle)は、1955年公開のアメリカ映画。
原作はエヴァン・ハンター(映画『鳥』の脚本や、エド・マクベイン名義での執筆でも有名)の小説。
暴力的な描写が多いため、アメリカでも日本でも大人には反感を買うが、若者の間で大評判となる。1955年のアカデミー賞4部門にノミネートされた。

この映画は、ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツの主題歌「ロック・アラウンド・ザ・クロック」と共に語り継がれている。
この曲は1954年に発表された当時は、それほど注目を集めなかったが、本作で起用されると、全米チャートで8週連続1位の大ヒット。ロックンロール時代の幕開けを象徴する作品となった。
グレン・フォードの息子が、この曲のレコードを持っていて、それがきっかけで起用された。









映画音楽 フォエバー・フレンズ

主演のミドラー自身が製作に一枚噛んだ女性の友情を描いた感動物語。弁護士志望の幸福な娘のハーシーを蹴散らすクラブ歌手、ミドラー。
しかしハーシーが結婚を選び、ミドラーがステージで成功を収めた時、二人はそれぞれの人生観の違いを理解し、大人のつき合いを模索する……。

主題歌 愛の翼(Wind Beneath My Wings) 主演のベット・ミドラーが主題歌も歌う










2012年02月04日

映画音楽 フォレスト・ガンプ/一期一会

アメリカの現代史の真ん中を駆け抜けた男の数奇な人生を、笑いと感動豊かにつづったヒューマン・ドラマ。
30年に及ぶ物語の背景として、年代によって移りゆく風俗・文化・流行が丹念に描き込まれているほか、ボブ・ディランの『風に吹かれて』、ドアーズの『ハロー、アイ・ラブ・ユー』など、全32曲に及ぶ当時のフォーク、ロックのヒット曲や名曲満載されているのも聞きもの。
また、記録フィルムやテレビの収録テープから集められた、ケネディをはじめとする歴代大統領やジョン・レノンといった有名人たちと主人公フォレストが、デジタル合成技術を駆使した特殊視覚効果を施されて“夢の共演”を果たしているのも見どころ。






2012年02月03日

映画音楽 復活の日

小松左京の同名SFを原作に、製作費22億円、構想5年、製作期間3年を費やした超大作。
1982年、東ドイツの研究所から猛毒ウイルスMM-88が盗まれた。
ところが盗み出したスパイの乗った飛行機はアルプス山中で事故に遭い、ウイルスが蔓延した地球は、南極にわずかな人類を残して滅亡する。その生存者の一人、地震研究者吉住は、さらに大きな危険が近づいていることに気づく。
アメリカ東部に大地震がおきる可能性があり、それは核ミサイルの発射を誘発するものだった……。

主題歌 ジャニス・イアン You are love






2012年01月30日

映画音楽 プリンセスと魔法のキス

主題歌『Never Knew I Needed』
歌:ニーヨ
第82回アカデミー賞
長編アニメ映画賞
主題歌賞






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。