2013年10月31日

映画音楽 クレイジー・ハート

『クレイジー・ハート』(原題: Crazy Heart)は、2009年のアメリカ映画。
トーマス・コッブの同名小説を長編映画初監督となるスコット・クーパーが映画化。
第82回アカデミー賞主演男優賞、歌曲賞

かつての人気カントリー・ミュージシャンのバッド・ブレイクは57歳となり、酒に溺れて結婚と離婚を繰り返すという自堕落な生活を送っていた。そんな彼のもとにある日、若い女性ジャーナリストのジーンが訪れる。ジーンとその息子バディと共に過ごす時間を通して、バッドは少しずつその生き方を変えていく。

主題歌 「The Weary Kind」 Ryan Bingham










映画音楽 レイダース/失われたアーク《聖櫃》

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(レイダース/うしなわれたアーク、Raiders of the Lost Ark)は、1981年のアメリカ映画。アドベンチャー映画。
『インディ・ジョーンズ シリーズ』の第1作である。
「レイダース」のレイダーとは、盗賊のこと。「失われたアーク」とはモーセの十戒の書かれた石板を納めた「聖櫃」のことであり、ユダヤの秘宝の一つ。

米アカデミー賞視覚効果、編集、美術、音響賞を受賞。またスピルバーグ監督が『未知との遭遇』に続く2度目の監督賞ノミネート、作品賞、撮影賞、作曲賞にもノミネートされ、ジョージ・ルーカスは『アメリカン・グラフィティ』『スター・ウォーズ』に継いで、三作品目がノミネートされた事になる。

制作費1800万ドルという中規模予算の作品ながら、世界興行収入3億8000万ドルの大ヒットを記録し[1]、続編として『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(1984年)、『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(1989年)、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008年)が製作された。
19年ぶりのシリーズ第4作として『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』が完成。


ジョン・ウィリアムズ作曲












映画音楽 ラストエンペラー

『ラストエンペラー』(The Last Emperor)は、1987年公開のイタリア、中華人民共和国、イギリス合作による清朝最後の皇帝で後に満州国皇帝となった愛新覚羅溥儀の生涯を描いた歴史映画。
西太后による溥儀に対する清朝皇帝指名と崩御を描く1908年からスタートし、所々に第二次世界大戦後の中華人民共和国での戦犯収容所での尋問場面を挟みつつ、満州国の皇帝になり、退位しソ連軍に抑留された後、文化大革命のさなかに一市民として死去する1967年までの出来事をメインに溥儀の人生を描く。
第60回アカデミー賞作品賞ならびに第45回ゴールデン・グローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品。

甘粕正彦役兼音楽プロデューサーとして参加した坂本龍一が、日本人として初めてアカデミー賞作曲賞を受賞











映画音楽 ロード・オブ・ザ・リング

『ロード・オブ・ザ・リング』(The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring)は、2001年の映画。
ニュージーランド・アメリカ合作で、J・R・R・トールキン作の『指輪物語』を原作とする実写による作品である。日本では2002年3月2日に公開された。
世界を滅ぼす魔力を秘めた1つの指輪をめぐり、選ばれし宿命の勇者9人と悪の勢力との壮絶な戦いを描く。
アカデミー賞では13部門にノミネートされ、そのうち撮影賞、作曲賞、メイクアップ賞、視覚効果賞の4部門で受賞した。

主題歌 エンヤ 「メイ・イット・ビー」













2013年10月30日

映画音楽 ロック・オブ・エイジズ

『ロック・オブ・エイジズ』(原題: Rock of Ages)は、2012年に製作されたアメリカ映画。
トニー賞で作品賞ほか5部門にノミネートされ、ブロードウェイを筆頭に世界各国でヒットを記録し続けているミュージカルを映画化。
1987年のロサンゼルスを舞台に、音楽で成功することを目指して奮闘する青年と少女の恋と夢の行方が、1980年代のロック・ナンバーに乗せて映し出されていく。
『バーレスク』のジュリアン・ハフ、本作で映画デビューを果たすディエゴ・ボネータが主演を飾り、伝説的ロック・スターにふんするトム・クルーズやキャサリン・ゼタ=ジョーンズら、実力派たちが脇を固める。ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズの指導を受けた、トムの堂に入ったロックン・ローラーぶりも見逃せない。

原曲 StarshipのWe Built This City をミュージカル風にアレンジ














映画音楽 レ・ミゼラブル (2012年の映画)

『レ・ミゼラブル』(原題: Les Misérables)は、2012年12月21日公開の、イギリス、ワーキング・タイトル・フィルムズ製作のミュージカル映画。
ヴィクトル・ユゴーの同名小説を原作として1980年代にロンドンで上演され、以後、ブロードウェイを含む世界各地でロングランされていた同名のミュージカルの映画化作品である。
『レ・ミゼラブル〜サウンドトラック』(Les Misérables: Highlights from the Motion Picture Soundtrack)は、ユニバーサル・ピクチャーズ製作の映画『レ・ミゼラブル』のサウンドトラックであり、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・サイフリッド、エディ・レッドメイン、サマンサ・バークス、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエンや他多数のキャストが参加している。

「夢やぶれて」 アン・ハサウェイ












映画音楽 ローズ

『ローズ』(原題:The Rose)は、1979年製作のアメリカ映画。
マーク・ライデル監督。ヒロインのローズはジャニス・ジョプリンがモデルとなっている。
ベトナム戦時中の60年代、アメリカを舞台に、酒と麻薬に溺れながらも歌いつづけた女性ロック・シンガー「ローズ」の愛と激情の人生を描いている。

主題歌「ローズ」は主演のベット・ミドラーが歌い、数多くの歌手がカバーし、
スタンダード・ナンバーになっている








2012年02月04日

映画音楽 レクイエム・フォー・ドリーム

異色スリラー『π<パイ>』でサンダンス映画祭監督賞を受賞したダーレン・アロノフスキー監督が、『ブルックリン最終出口』で知られるアメリカの作家ヒューバート・セルビーJr.の小説を映画化。ささやかな愛と幸せを求めてドラッグの罠に落ちて行く人々の孤独感と空しさをえぐり出す。
凝った映像で幻覚症状に陥った際の混乱した世界を映し出し、観る者をその底なし沼のような恐怖に引きずり込む。
ジャレッド・レトとジェニファー・コネリーの美しい恋人たちが堕ちていく姿も痛々しいが、ダイエットに取りつかれる母を演じるエレン・バースティンが圧倒的。
麻薬中毒で半狂乱になる哀れな中年女性の悲劇をすさまじい姿で熱演した彼女は、今年度のアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされた。






映画音楽 ラスト・オブ・モヒカン

1825年に発表された、ジェームズ・フェニモア・クーパーの小説『モヒカン族の最後』を原作に、18世紀、建国前夜のアメリカ東部を舞台に、インディアンに育てられた白人青年と、イギリス人大佐令嬢の愛を描く歴史ドラマ。
監督・脚本・製作は「刑事グラハム 凍りついた欲望」のマイケル・マン、共同製作はハント・ローリー、エグゼクティヴ・プロデューサーは「フリージャック」のジェームズ・G・ロビンソン、共同脚本はクリストファー・クロウ、撮影は「恋のためらい フランキーとジョニー」のダンテ・スピノッティ、音楽は「ミシシッピー・バーニング」のトレヴァー・ジョーンズと「キンダガートン・コップ」のランディ・エデルマンが担当。
主演は「マイ・レフトフット」のダニエル・デイ・ルイス、「不法侵入」のマデリーン・ストウ。








映画音楽 レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い

遙かなオールド・ウエストを舞台に、愛に素直に生きられない青年と、彼を想い続けた女性の悲しい愛の軌跡を描いた大河ロマン。
「ウルフ」の脚本も手掛けた現代アメリカ文学の人気作家ジム・ハリソンの中編小説を、「きのうの夜は…」「グローリー」のエドワード・ズウィックの監督で映画化。
脚本はスーザン・シリディとビル・ウィトリフ。製作はズウィック、彼のパートナーのマーシャル・ハースコヴィッツ、ウィトリフの共同。エグゼクティヴ・プロデューサーは「めぐり逢えたら」のパトリック・クロウリー。
カナダ・ロケで美しい自然をとらえた撮影は「ブルーサンダー」のジョン・トール、音楽は「スウィング・キッズ」のジェームズ・ホーナー。美術は「ザ・シークレット・サービス」のリリー・キルヴァート、衣装は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデボラ・スコットがそれぞれ担当。
主演は「リバー・ランズ・スルー・イット」「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のブラッド・ピット。






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。